父さんはひとごろし 3話 無料 ネタバレ【両目を抉られた猫の異常死体を前に、ズボンを下ろして】

 

父さんはひとごろしなんかじゃ…

 

 

それを止められるのは駿だけだよ

 

 

会わせてくれよ、サイコパスに

 

 

ずっと我慢してたんだ。

平穏を乱すやつは誰だろうと殺す

 

 

父さんはひとごろし】は

RENTAで各巻ごとに無料で試し読みができます。

まずは無料で読んでみてください♪

 

>> 試し読みをしにいく<<

父さんはひとごろし】で検索すると出てきます。

 

 

父さんはひとごろし 3話 ネタバレ 

前回の話は>>こちら<<

 

 

水泳部の練習の帰り。

野崎の事を茉莉に話す駿。

 

 

 

犯罪者にあこがれるという野崎の趣味にどん引きする茉莉だが、

駿は野崎を否定せず、

 

 

 

「ただ特別なものに惹かれているだけだよ」

否定せずに、優しくフォローする。

 

 

 

「駿は優しいね。だから私は駿のコト好きになったんだぞ」

 

 

 

茉莉との話を終えて、夕食の時間に間に合わなくなった駿。

近道をするために茂みに入ります。

 

 

 

しかしそこには・・・。

 

 

 

両目を抉られた猫の死体。

 

 

 

想像だにしない悲惨な猫の死体。

胸を締め付けるほど大きな鼓動が駿を苦しめます。

 

 

 

 

 

その時背後に気配が…。

 

 

 

!!?

 

 

 

父さんはひとごろし ズボンを下ろして

 

振り向くとそこには父親が。

どうしてココに?

 

 

 

どうみても不審な父さん

 

 

 

父さんは何かを感じたのか、

両目を抉られた猫の異常死体を前に、

駿を先に帰らせます。

 

 

 

警察には俺が連絡すると言います。

 

 

 

 

駿は家に帰ろうとするが、

ふと父親が気になり、戻ってみるとそこには・・・

 

 

父さんはズボンを下ろして。

笑いながら自慰に耽っていたのです。

 

 

 

—-

行動が謎すぎて気持ち悪い父親…

サスペンスというよりホラーですね。

 

 

父親の後ろ姿はもう同じ人間とは

思えませんでした。

 

 

 

♪本編はRentaでどうぞ♪

 

衝撃を受けるような内容ですので、

日常に退屈な方はぜひ読んでみてください♪

 

>> 試し読みをしにいく<<

父さんはひとごろし】で検索。