父さんはひとごろし 13話 無料 ネタバレ【可哀そうな人間。首を締めながら射精していた】

 

父さんはひとごろしなんかじゃ…

 

 

それを止められるのは駿だけだよ

 

 

会わせてくれよ、サイコパスに

 

 

ずっと我慢してたんだ。

平穏を乱すやつは誰だろうと殺す

 

 

父さんはひとごろし】は

RENTAで各巻ごとに無料で試し読みができます。

まずは無料で読んでみてください♪

 

>> 試し読みをしにいく<<

父さんはひとごろし】で検索すると出てきます。

 

 

父さんはひとごろし 13話 ネタバレ 

前回の話は>>こちら<<

 

 

記者・戸叶さんが

被害者の生き残り女性に

こんな想いを馳せます。

 

 

ー 面白くしてね。期待してるわよ

 

 

 

 

 

 

当の被害者の生き残り女性は父さんによって

首を絞められ死亡しました。

 

 

 

駿の目の前で、です。

 

 

 

父さんの服の裾を遠慮がちにつまみ、

 

 

 

ー もうやめてよ。

 

 

精いっぱい絞りだした言葉。

 

 

 

そんな駿に。

俺は可哀そうな人間なんだ。と答えます。

 

 

 

首を締めながら射精していた、と。

 

 

 

ずっと努力を続けてきた父さん。

衝動を抑え続け、

普通で有り続けるために。

 

 

 

それなのに邪魔された。

 

 

 

 

父さんはひとごろし ネタバレ なにひとつ、理解できない。

父さんは何を言っているんだ?

 

 

状況が突飛過ぎて理解できない駿

父さんがひとごろしだったことも。

今、父さんがひとをころしたことも。

 

 

 

そんな父さんと一緒に家に帰り、

父さんは母さんに言います。

 

 

 

面倒な事になった。手伝え、と。

 

 

 

人が一人死んだことに何一つ想う事もなく、

証拠隠滅の話し合いを即座に話しだす母さん。

 

 

 

母さんもおかしい。

 

 

なにひとつ、理解できない。

 

 

 

—-

 

衝撃の展開。

 

 

12話で父さんが首を絞めた女性はやはり

死にました。

 

 

それだけならまだ良かったのですが

母さんが死体処理、隠滅に力を貸すという展開。

 

 

 

異常です。

 

 

 

今後の展開はかなり残酷になります。

 

 

 

♪本編はRentaでどうぞ♪

 

衝撃を受けるような内容ですので、

日常に退屈な方はぜひ読んでみてください♪

 

>> 試し読みをしにいく<<

父さんはひとごろし】で検索。