父さんはひとごろし 25話 ネタバレ【お前のせいで、また人が死ぬ】

 

父さんはひとごろしなんかじゃ…

 

 

それを止められるのは駿だけだよ

 

 

会わせてくれよ、サイコパスに

 

 

ずっと我慢してたんだ。

平穏を乱すやつは誰だろうと殺す

 

 

父さんはひとごろし】は

RENTAで各巻ごとに無料で試し読みができます。

まずは無料で読んでみてください♪

 

>> 試し読みをしにいく<<

父さんはひとごろし】で検索すると出てきます。

 

 

父さんはひとごろし 25話 ネタバレ 

前回の話は>>こちら<<

 

 

野崎誠が出かけた事に気付いた野崎の母。

 

 

 

テーブルにあったのは、

かつて自分が渡した写真…。

 

 

 

連続殺人事件の犯人の当時の写真。

 

 

 

写真を手に、野崎の母は…。

 

 

 

 

父さんはひとごろし ネタバレ よく見てろ。お前のせいでまた人が死ぬ。

 

椅子の上に座らされ、両手を後ろ手に縛られ、

両足を椅子の脚にくくりつけられた野崎。

 

 

 

父さんは怒りをあらわにします。

 

 

 

あの日、あの場所に

猫の死体なんてなければ。

 

 

 

変わらぬ日常でいられた。

 

 

 

父さん:

「何されても文句言えねぇよな」

 

 

 

始まりの元凶・野崎。

 

 

 

茉莉:

「なに…これ…」

 

 

 

茉莉だけが何が起こっているのか解っていない。

 

 

 

最悪の事態。

 

 

 

せめて茉莉だけは…。と。

 

 

 

父さんに茉莉を帰してやってくれとお願いします。

 

 

 

ですが、父さんには全てが解っています。

 

 

 

茉莉は関係者であると。

 

 

 

駿は茉莉に何かを相談して、

何かを知っている。

 

 

 

だから、変な気を起こさないために、

野崎が惨たらしく死ぬのを見せて口封じを実行しようとします。

 

 

 

駿に向かって、

『お前のせいでまた人が死ぬ』

 

 

 

 

たっぷりと良心に付け込んで…。

駿の心すら脅して、封じ込めようとします。

 

 

 

これ以上何かすれば、

茉莉の身も危ない。

 

 

 

父さんはひとごろし 25話 感想

普通にこの話は怖い…。

 

 

 

なんというか、

読んでるこっちが”痛い”。

 

 

 

最近また読み直したんですが、

サイコパスの特性を考えると、

 

 

 

物凄い苦労、あるいは苦痛だったんだと思います。

 

 

 

普通であろうと、

良き父であろうと、

 

 

 

ある意味普通なんですが、

普通のことが苦痛となってしまうのが

サイコパスです。

 

 

 

恐らく良き父を演じたり、

猫の死体を埋めたと誤魔化したり、

事件の事を知らないと言ったり、

 

 

 

父さんにとっては想像を絶する苦痛だったのだ

改めて感じさせられました。

 

 

♪本編はRentaでどうぞ♪

 

衝撃を受けるような内容ですので、

日常に退屈な方はぜひ読んでみてください♪

 

>> 試し読みをしにいく<<

父さんはひとごろし】で検索。