父さんはひとごろし 26話 ネタバレ【ラストチャンス】

父さんはひとごろしなんかじゃ…

 

 

それを止められるのは駿だけだよ

 

 

会わせてくれよ、サイコパスに

 

 

ずっと我慢してたんだ。

平穏を乱すやつは誰だろうと殺す

 

 

父さんはひとごろし】は

RENTAで各巻ごとに無料で試し読みができます。

まずは無料で読んでみてください♪

 

>> 試し読みをしにいく<<

父さんはひとごろし】で検索すると出てきます。

 

 

父さんはひとごろし 26話 ネタバレ 

前回の話は>>こちら<<

 

嘘じゃない。

 

 

 

目潰し犯は自分にとってのヒーロー。

 

 

 

父親がDV野郎で、

見ていることしかできなかった。

 

 

 

野崎は今まさに自分に拷問をしてこようとする

相手に抱いていた憧れを振り返ります。

 

 

実の父親が

どうでもよく、

どうしようもない無様な理由で死んだことで

恐怖からは解放された。

 

 

 

 

しかし、問題のある家庭というレッテル

もう剥がせなかった。

 

 

 

 

家庭をからかうクラスメイト達。

 

 

 

そんなクラスメイト達に黙らせたのが、

暴力だった。

 

 

 

だから、

犯罪者達に共感した。

 

 

 

 

不遇な境遇で育ち、

理不尽に対して苦しみ、

犯罪で対抗する彼らに。

 

 

 

 

父さんはひとごろし ネタバレ ラストチャンス

目潰し犯はヒーローだった。

自分と大して違わない歳で5人を殺害。

 

 

 

そして憧れだけで終わることができなかった。

 

 

 

母親の同級生であったこと。

そして目潰し犯にそっくりなやつが

同じ学校にいたこと。

 

 

 

つまり、

駿は目潰し犯の実の息子。

 

 

 

しかし、

自分の思っていたものと違った。

 

 

 

憧れの目潰し犯は

話などまるで通じないサイコパス、

 

 

 

自分と同じ境遇だとか

一切の共感が無い。

 

 

 

現実を知る野崎。

 

 

 

そして一本の電話が掛ってきます。

 

 

 

野崎の母からの電話。

舌打ちをする目潰し犯。

 

 

 

父さん(目潰し犯):

「ここに来るコト、

何時までに帰るみたいなこと母親に言ってきたのか?」

 

 

 

これがラストチャンス。

 

 

 

 

これを間違えれば。

自分はもう死ぬしかない。

 

 

 

野崎の生への挑戦が始まる。

 

 

父さんはひとごろし 26話 感想

ネタバレはさらっと書いてますが、

野崎が憧れる理由はちゃんと説得力があるものでした。

 

 

 

野崎は全ての元凶という事になってますが、

多分、戸叶が先に辿りついていれば

同じようなことをやったような気がします。

 

 

 

野崎はこの窮地を抜けることができるのか。

どう見ても自業自得ですが、

 

 

 

なんだか可哀そうな奴に思えてきました。

 

 

 

♪本編はRentaでどうぞ♪

 

衝撃を受けるような内容ですので、

日常に退屈な方はぜひ読んでみてください♪

 

>> 試し読みをしにいく<<

父さんはひとごろし】で検索。